QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

ビジネスパーソンの悩み相談㊱

田久保 善彦 リーダーシップ領域

22/03/30

「ビジネスパーソンのお悩み」にお答えするシリーズです。
今日は「やる気はあるけれど、空回りしている人への対処法」についてです。

『新しい仕事をやりたいけれども、自分のルーティンワークとの折り合いが付かなくなり結果的に他の人にまで影響を与えてしまっている。そんな状況の部下がいる場合の対処方法を知りたい』というお悩みです。

そもそもやる気を表明している時点で1つ良いことだと言えます。
何がやりたいのかよく分からない、やる気を見せないという人に比べれば、「あれをやりたいです」「これやりたいです」と言ってくる部下の方が、良いというのが1点です。

ただ、やる気に加えて実力もあれば成果に結びつくわけですが、「何か新しいこと」「目立ちやすいもの」にどんどん手を挙げるものの、それを本当に任せられるだけの実力が備わっているのかどうかという部分が「?」な場合もあるというのがこのご質問者の主旨ではないかと思います。

何か新しいことや最近流行のプロジェクトが好きな人は世の中に多いと思います。ルーティンワークよりもプロジェクトっぽいものの方が、何か評価されるのではないかと勝手に思い込んでいる場合もあります。それもあながち間違いだけではないのかもしれませんが、もし部下がこういうタイプの人だった場合、ご本人に今の状態、もしくは今の本人の実力をきちんと認識させてあげるコミュニケーションが大事だと思います。

要するに、「今あなたは○○をやりたいと言っているが、外から見た時には、この部署のメンバーとして△△の仕事をやって欲しいと思っている。」「(上司である)私は、今のあなたの仕事内容に(どれぐらい満足をしているのか/どれだけ不満足なのか)。(上司側の)私の期待に比べた時に、あなたが出している成果は、(どれぐらいのレベル感のことになっているのか)」ということを、日々の中で伝えていかなければなりません。

今回のようなお悩みが出てくるということは、現時点で上司は不満足なわけです。この不満足という問題が最近非常にややこしいのは、少し注意したり叱咤激励をしたりすると、すぐ「○○ハラスメント」と言われるため、それが怖くて厳しめのフィードバックが苦手という人が、どんどん増えているということです。そうすると、ずっと是正を促すようなフィードバックをしないまま時間が経ってしまい、いざ何かが起こってしまった時に、「あなたにはこういうところがある...」といきなり上司に言われても困ってしまうわけです。

そうすると、「普段のコミュニケーションが足りない」「私の上司は、いきなりこんなことを言ってきました」と何か傷付けてしまいどこまで行っても会話が噛み合わないということがあるかもしれません。

定期的な One on One みたいなもので、上司側の期待値(認識)を伝える必要があります。
本人は頑張って成果を出していると思っていても、こちら側の認識度がズレていれば、そこに大きな溝ができてしまい、お互い不幸になっていくことがあると思います。

質問に立ち返ってみると、自分自身が最低限やらなければならないことができているのかどうなのかを、まずフィードバックしてあげるようにしましょう。もし余裕があるのであれば、その余裕で新しい業務を入れるなどバランスが取るようなコミュニケーションを普段からやっておくということが一番大事なことなのではないのかと思います。尚且つ、部下の課題が見えているのであれば、「外から見ていると、こういうところに課題があって、こういうやり方をすると、あなたの能力開発ができると思うよ」と課題を共有し、その解決策を上司がうまく提案してあげるようなことができていくと、お互いポジティブに回って行くのではないかと思います。そしてポジティブに回った結果として、最終的にはやらなければならない仕事にプラスαして、新しいプロジェクトに取り組めるような状況なり関係性なりが生まれてくるサイクルを回していくべくお互いが努力をするということなのでしょう。やはり定期的なコミュニケーションとって認識のギャップをきちんと埋めていくというのが、この種の問題の一番の解決方法ではないのかと思います。

では、今日のまとめです。
やりたいと思っている仕事にどんどん手を挙げるやる気はあるが、なかなか実力が追い付いていかない人にどう対応したら良いかというご相談でした。私は、そういう人には今の自分の状況、能力、上司側からの期待値がどれぐらい摺り合っているのか、摺り合っていないのかということを、まずちゃんと伝えてあげる。そして、摺り合っていないのであれば、能力開発の方法を伝えていくことを地道に積み重ねて行くしかないと思います。

分野: リーダーシップ |スピーカー: 田久保 善彦

トップページに戻る

  • RADIKO.JP