QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

QTnetモーニングビジネススクール > タグ一覧 > タグ異文化コミュニケーション

ビジネスに関係した英語表現(48):産業名(6)

鈴木右文 英文法理論、コンピュータによる英語教育

21/06/17

今日はいわゆる産業の名前を勉強し、その英語も一緒に覚えていこうとしていて、今までは色々な事業や産業の名前を私が調べてきて、ああでもない、こうでもないと、やってきましたが、実は政府のホームページ上に、これが正式な英訳というわけではないけれども参考にして下さい、という文書があることが分かりました。名前を「日本法令外国語訳データベースシステム」といいます。その中に関係する産業の分類の法令を調べてみると、掘っていけば調べられる、という形になっている事が分かりました。それで今後はこのコーナーではそこに出されているものから借りてくる場合があるという事を最初にお断りしておきます。

前回は建設業で、建設業には総合工事業、職別工事業、設備工事業の三つがありました。二つ目の職別工事業の途中まででしたので、その続きになります。どんな細かい工事の名前があるのか、最初にご紹介しておきますと、金属製建具工事。窓とかドアの嵌め込みをする工事です。そして屋根工事。防水工事。それから斫り(はつり)解体工事がありますが、"斫り"ってお分かりでしょうか。業界用語だと思いますが、「削る事」というようです。例えば、解体現場などで分厚いペンキを落としていくとか、木の枠をそぎ落としていくとか、そういう事を多分指しているのだと思います。

屋根工事、これは簡単で"roofing"、屋根に"ing"形が付きます。それから防水工事。防水は聞いた事があると思います。"waterproof"と言います。それに"ing"を付けて、"waterproofing"で防水工事です。化粧品で"waterproof"というと、「なかなか水に流れないから汗をかいても大丈夫」というようなのがあるのでが、そういう事です。マンションの屋根から水が漏れないようにする工事だったりもするわけです。それから、斫りは"chipping"です。"chipping"は削り取るという意味です。映画が好きな人は昔「デモリションマン」という映画があったので「ハァ」と思う方もいると思うのですが、解体は"demolition"と言います。

次は三番目、設備工事業で建設業の最後にあたります。この中に五種類あります。一番目が電気工事業。二番目、電気通信・信号装置工事業。三番目、管工事業、パイピング、いわゆる配管工事等のことです。四番目として機械器具設置工事業。そして最後にその他の設備工事業。分類ですから「その他」があります。一番目の電気工事業は読んで字の如くで"electric work"ですが、その中には、いわゆる電気配線工事から海底ケーブル、送電線など大きいのも小さいのも全部入っているようです。ところで、海底ケーブルは"submarine cable"と言います。海の下のケーブルですね。潜水艦の事をsubmarineと言いますがそれと同じです。要は潜っている状態という事です。

二番目の電気通信・信号装置工事業、これは道路の信号なのでお分かりでしょうか。この中には当然電気通信の様々な工事が含まれていて、放送業界にも馴染みがあるところの有線テレビの色々な工事も入っているということです。ところで有線テレビ放送は英語で"cable TV broadcasting"と言います。テレビ放送を"broadcasting"と言いますね。

三番目は管工事業で管、パイピング。これに含まれるものは色々なものがあり、冷暖房設備工事業とか給排水・衛生設備工事業とか、排水工事、冷暖房装置の配管とか全部入っているようです。

四番目、機械器具設置工事業。これはエレベーターとかエスカレーターという様なものの設置も含まれているようですし、おそらく発電装置の様なものもここに全部含まれると思います。ところでちょっとうんちくですが、エレベーターとエスカレーターは英語ではアクセントの位置が最初にありますので、気を付けましょう。"el-e-va-tor"、"es-ca-lator"です。

その他にあたるものは色々あるのですけれども、一つだけ。さく井(せい)工事業ってお分かりでしょうか。井戸を掘る事だそうです。中村哲さんを思い出します。英語では"water well drilling"、water well(水の井戸)のドリル(掘る)をする事です。

今日のまとめ:
本日は建設業の設備工事業を中心に内容を紹介して少し英語の話をさせていただきました。

分野: 異文化コミュニケーション |スピーカー: 鈴木右文

トップページに戻る

  • RADIKO.JP