QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

医薬品・健康食品・化粧品の広告表示①

荒木啓充 バイオ産業

21/05/03

前回は、食品の持つ効果や機能を表示出来る「保健機能食品」についてお話しました。
【特定保健医療食品】、いわゆる「特保」や「機能性表示食品」などがこれに含まれます。この保健機能食品の商品を宣伝する際に、言って良いことと言ってはいけないことについてお話ししました。今回は、「健康食品」や「医薬品」、「化粧品」などを含めた広告表現を中心に、言っていいことと言ってはいけないことについて詳しくお話をしていきます。

ここで皆さんに問題です!
「保健機能食品」の広告で使用してはいけない表現は次の3つの内どれでしょうか。

1. 便秘改善
2. 食後の血清中性脂肪を抑える
3. 睡眠の質を高める。

正解は「1.便秘改善」です。

何故いけないのかと言うと、「便秘」は便秘症という診断基準のある厳密に言えば"疾病"、いわゆる病気です。そのため「1.便秘改善」というのは、疾病の治療、または予防を目的とする効果を標榜していると見なされます。医薬品的な効果を標榜出来るのは「薬機法」という法律上、薬品のみとされています。したがって、医薬品以外では「便秘改善」という表現を使うことは出来ません。

しかし、市販されている保健機能食品で似たような言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。
「便秘を改善しますよ」とは謳ってはいませんが、「便通でお悩みの方に」という言い方はしています。便秘気味の方の便通を改善する等、便秘という言葉は直接的には使わず、少しマイルドな言い回しで表現されています。ほとんど同じ内容ですが、「便秘気味」「便通が気になる」「悩んでいる」という言い回しをするとOKです。これには細かい決まりがあります。ちなみに、「2.食後の血清中性脂肪を抑える」や「3.睡眠の質を高める」というのは、病気ではなく特定の保健の用途に適する表現であるため、機能性表示食品ではその広告表現が認められています。一方、許可や届け出をしていない一般的な健康食品ではこの表現は禁止されています。

なぜこのような細かい規定があるかと言うと、様々な理由や目的がありますが、さらに関連する法令として、「経費表示法」「不正競争防止法」、「食品表示法」、「医療法」とたくさんの多くの法令があります。

第一は、消費者の利益、そして事業者間の公正な競争を確保するために制定されています。やはり消費者の皆さんはより良い商品やサービスを求めるわけですが、実際より良く見せる表示が行われれば、ついついそちらの方に目を向けてしまい、本当はそんなに質はよくない商品やサービスを買ってしまうといういわゆる「優良誤認」が起こります。それによって消費者が不利益を被る恐れがあるため、そういったものを防ぐためにこのような法令が制定されています。

ポイントとしては「医薬品」かそうではないかです。先程の事例にように、健康食品でも「保健機能食品」かそうでないか。化粧品であれば「薬用化粧品」と「通常の化粧品」で言えること言えないことが大きく変わってきます。企業側としては、広告表示が法令に抵触しないか、実際に商品をプロモーモーションする前は商品名であったり、ヘルスクレームを社内のコンプライアンスで審査を受けたり、外部の法律事務所などに相談したりすることが一般的となっています。細かな規制はありますが、逆に法令には抵触しないで目を見張る商品名やキャッチコピーを打ち出せれば他社との差別化が可能となります。

消費者の視点では、「楽をして効果を得よう」と思う様な商品名は疑った方がいいです。
「保健機能食品」や「医薬品」ではそれぞれ健康食品、医薬品など規定が細かく決められているということを知った上で、それに則って表現されているのかどうかを消費者としても気を付けないといけないといけません。購入したいものがどれに分類されているかというのを知って、どういうヘルスクレームがあるかをしっかり確認して購入するようにしましょう。

では、今日のまとめです。
「医薬品」、「健康食品」、「化粧品」の広告表示には、言って良いことと言ってはいけないことが細かく規定されています。これは消費者の利益保護や事業者間の公正な競争の確保などが目的とされ、実に様々な法令が関係しています。企業側の立場では法令に抵触しない範囲で独自の商品名、キャッチコピーで他社との差別化を図ろうとしています。

分野: バイオ産業 |スピーカー: 荒木啓充

トップページに戻る

  • RADIKO.JP