QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

QTnetモーニングビジネススクール > タグ一覧 > タグ企業家リーダーシップ

コロナ危機とキャリアについて④

廣瀬 聡 企業家リーダーシップ

20/10/08

これまで「コロナ危機とキャリアについて」というテーマでお話してきました。最終回の今回は、これまでの話の総括として、ビジネスだけではなく世の中全体で何が起きているのか。それによって私たちは、今どう振る舞うべきなのかということをお話します。

今回のタイトルは「コロナ危機」をベースにしていますが、今起きていることはテクノロジーによる社会変化がコロナによって一気にアクセル全開になり、ブレーキが効かなくなってしまったというような位置付けではないかと考えています。従来は5~10年スパンで変わるだろうと考えられていた社会変革が、新型コロナウイルスによって一気に起こってしまいました。

今世界では、世界の秩序(世界がどうあるべきかを決めていこうというリーダーシップ)を取る国がいなくなってしまっています。アメリカは他国との間の"かけ橋"を作るよりも"壁"を作ろうとしています。中国もある意味で、自分たちの利益をどう最大化するのかを考えているように見えており、世界全体の秩序を考えるプレイヤーがいなくなってしまっているように思えます。そういう中で、ヨーロッパのいくつかの国では、全体主義的あるいはポピュリズム的な政権が出てきて、「独裁」とまでは言いませんが、非常に危険な状況が見え始めています。我々日本の周辺で言うと、ひょっとしたら「香港」も難しい状況に近づいているのかもしれません。それほど政治、秩序の在り方が変わり始めているようにも見えます。

一方で、こういう時代だからこそお互いに支え合う利他的な精神(「共存・共栄していこう」という他の生物とは異なる人間としてのユニークさ)が現れてくるだろう、また、そういう時代を作らなければならないという考え方もあります。例えば、SDGとかESGなど、世界全体の調和を考えていこうという動きが現れ始めています。特に若い方から出始めているというところもまた、新しい時代の流れ、特徴ではないかと思います。

また、女性のリーダーが増えてきているように思います。今回のコロナ危機の中で、脚光を浴びている方々、あるいは上手くいっている国(例:ドイツや台湾など)のリーダーというのはいずれも女性です。女性の素晴らしいリーダーシップは、まさに「共有・共感」を軸としています。共感して共に支え合うというようなリーダーシップスタイルを取る国、寄り添うリーダーシップを重視している国々が全般に上手くいっています。ある意味で女性のリーダーがこれまで以上に活躍し、説得力が持てるような時代になってきたのではないかと思います。それに伴い、「株価が良ければ良い」「時価総額が大きければ良い」という経営ではなく、世の中に対して「社会に貢献する」「地球環境に貢献するような会社の方が良い」という経営が重視される気運も生まれてきて欲しいと思いますし、実際、生まれ始めているのではないかと思います。

グロービスは、4月からたくさんの特別セミナーを実施しています。今まさに活躍されているリーダーの方々にお話を伺っているのですが、その方々のメッセージで共通していることは、今ほどハッキリ分かるチャンスはないということ、10年後20年後振り返った時に、「何であの時に自分は行動しなかったのか」と思い返すような素晴らしいタイミングが今であるという声が多く上がっています。
また、「皆が動き始めていないまさに今、早く立ち上がって早く動くことで早く失敗することができて修正することも出来る。そうしたプレーヤーが勝ち残るのではないか」という声が挙がっています。これだけのインターネットの時代です。何か新しいことをしようと思っても、大体皆やりつくしています。しかし、そこで様々な失敗を繰り返しながら、なぜ上手くいかないのかに気づいた人が勝つ時代なのです。
地球環境や共感といったことを重視する時代の中でのリーダーとして、今一歩前に出るか、あるいは時代が今年の1月に戻ると考えるか、この差が10年後大きな差を生む時期なのではないか。今こそ一歩前にでる時期ではないでしょうか。今起きている変化は恐らく戻らないでしょう。何故ならば、これはコロナではなくテクノロジーがきっかけで、コロナはあくまでもアクセルになっているだけだからです。
一方、意外に将来は予想しやすいのではないかと思っています。なぜなら、テクノロジーで今起きていること、AIの発展やWEBの発展など、今後どういう方向で進んでいくのかというのはある程度見え始めているからです。だからこそ、いかにこれを学んだ上で、一足先に前に出るか。そうした時代に必要なスキルを如何に自分で身に付けるのか、身に付けようと一歩前に出るのかがとても大切です。今こそ、自分に対する投資が求められる時代なのではないか、そのように思います。

分野: 企業家リーダーシップ |スピーカー: 廣瀬 聡

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ