QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

企業のCSRと消費

平野琢 企業倫理、リスクマネジメント

20/05/26

企業のCSR・社会的責任の履行と消費者の消費について今日はお話していきたいと思います。企業の社会的責任を英語ではCSRと言うのですが、この概念は非常に世界的に普及したと言えるかなと思います。最近は社会の目というのが非常に厳しくなっていて、企業の社会問題に対する姿勢が誤っていたりすると、その企業はやはり社会的な批判を受けたり、時には不買運動をされてしまうという大きなリスクに繋がってしまう場合もあります。また、近年企業が自社の強みを活かして社会問題を解決し、社会貢献活動をする事に非常に注目が集まってきています。これに伴ってスーパーの棚などをよく見ると、高度に環境に配慮した洗剤ですよとか、この商品を買う度に寄付が行われます等の社会貢献活動や社会問題の解決を謳った商品も見ることが出来ます。ここで実は1つ疑問が出てきます。消費者自身は自らの消費活動として買い物とかサービスを選ぶ時に、企業の社会的責任の履行の姿勢とか社会貢献活動をどの程度意識しているのでしょうか。今日はこの点について考えていきたいと思います。

ところで、突然質問になってしまうのですが、日常の買い物をする時に何を重視して買いますか? 安心・安全は一番重視しているかもしれないですね。その他には、環境に配慮された物かどうか、その物に合った適正な値段かどうかという事も非常に重要な点です。では、もう1つ質問させて頂きますが、物を買う時にその物を作っている企業の社会的姿勢を考慮したり考えたりする場合はありますか? 環境に配慮しているというのを企業がPRしたりコマーシャルで見聞きしたりして、そうなのだなと思って買う場合も無いことはないですね。日常の消費の中でも、企業が自らのやっているCSRがちゃんと伝わっていれば、消費の時には意識するという事ですね。自分が物を買うという事に加えて社会貢献にも繋がっているとしたら、それは消費者としては非常に魅力的に思いますよね。

では、社会全体としてはどうなのでしょうか。これに関しては一点興味深い調査があります。消費者庁が行った平成29年度の消費者意識調査の中に、消費者がまさに商品やサービスを選ぶ時に価格とかブランドや安全性といった、今お話させて頂いたような様々な項目に対してどの程度意識しているかを調査した結果が載っています。この調査結果を見てみると、価格や安全性については購入する際に常に意識する、あるいはよく意識すると回答した消費者が実に90%近いという結果になりました。他方で、企業の理念や社会貢献活動を消費の際に常に意識する、あるいはよく意識すると答えた人はわずか16%でした。

これほどまで企業の社会貢献活動やCSRに興味を持ちつつも、消費者は実際に何故自分達の消費において企業の社会貢献活動やCSRの履行をあまり意識しないのでしょうか。1つの仮説として、企業の理念とかCSRの履行や社会貢献活動の取り組みが消費者に実は伝わっていない為に、実質的な購買に結び付いていないのではないかという仮説を導く事が出来ます。例えば、近年、社会において企業の社会的責任や社会貢献活動を測るものとして注目されているSDGsがあります。SDGsに対する企業の取り組みに対して消費者がどのような意識を持ち評価をしているかについて、電通が調査した結果によるとSDGsを知っている消費者の3割の人がSDGsを取り入れている企業には好感度や信頼感を持ちやすいと回答しました。しかし、実際にSDGsを取り入れている企業を把握していますかと聞いた場合、これについて把握していると回答した人は全体の約7%であったという結果が出ています。確かに私達の日常生活に戻ってみても商品を手に取って見てみますが、そこに自社の社会貢献や社会的責任について示したものは非常に少ないですよね。

近年ほとんどの企業はCSR活動や社会貢献活動を行っている状況を考えた場合、まだまだその数は少ないと考えられると思います。もしこの仮説があっていた場合、1つ考えられる打つ手として、自社の製品やサービスにおいて、自社のやっている社会貢献の活動を消費者に直接アピールするという戦略が解決策として考えられると思います。ここまで社会問題に対して関心が高まっている現代社会においては、このような情報を得た消費者は恐らくきっと消費行動も変化させるのではないかと考えられます。

今日のまとめです。現代社会においては企業がどのようにCSR活動や社会貢献を実践しているかを、社会が常に問うています。しかし、社会課題に対する企業の姿勢の良さと消費者の購買行動にはまだ隔たりがあるようです。これを解決する為に自社の製品やサービスにのせて、自社が行っているCSR活動や社会貢献活動を消費者にアピールするという戦略が有効かもしれません。

分野: 企業倫理 経営リスクマネジメント |スピーカー: 平野琢

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ