QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

QTnetモーニングビジネススクール > タグ一覧 > タグ異文化コミュニケーション

ビジネスに関係した英語表現(43):産業名(1)農業関係

鈴木右文 英文法理論、コンピュータによる英語教育

20/03/13

今日から産業の名前についてのご紹介をしていこうと思います。産業も農業・漁業・林業と色々あります。その中にも細かい区分けがあり、公的な資料を辿ると、総務省が出している日本標準産業分類という資料がありますので、これを拠り所にして話をしていきます。もちろん1回で全ての話は出来ませんので、今日は農業関係のものを取り上げてみたいと思います。

農業はagricultureです。cultureは少し英語を学んだ人はご存知と思いますが、もともと「耕す」という意味です。agriが原っぱ、畑です。agricultureは畑を耕す、という意味です。

文化の意味のcultureとは、耕していくことが人間の教養をつけていく、というところと比喩のようになっているので、綴りも同じです。全く何にもない無知な状態から耕して、自分の心の中にある知識といったものを耕していこうという発想です。

次に林業はforestryと言います。林、森のforestにryが付きます。漁業はfish、魚からきてfisheryです。fishにeryが付いています。少し細かいのですが、農業はagricultureですけれども、farmingとも言います。農家の方をfarmerと言います。

○○農業というのも、正式に言えば○○agricultureとも言うのかもしれないですが、日常生活ではfarmingということが多いです。○○農業は○○farmingと言えばいいです。従って、米作農業はそのままrice farmingです。

総務省の分類で日本語では野菜作農業(日本では日常用語ではこのような言い方はあまりしませんが)、これは日常用語に英語では直してvegetable farmingといいます。

日本標準産業分類では果樹作農業、果物の農業はfruit farmingです。果物はorchardで作ります。

次は花卉(かき)作農業です。花卉はお花のことです。かきはoysterの牡蠣かと思うかもしれませんが、全く違っていて草花の栽培をするという「かき」です。花卉作農業はfloricultureです。花の形容詞のfloraにriがついてfloricultureと言います。ちなみにflower farmingでも良いのですが、少し調べてみたら、利用頻度はfloricultureの方がはるかに多いようです。

水耕栽培はaquaculture、aquaは水の、ということは皆さんご存知だと思います。

それから園芸はhorticultureと言います。horti-はラテン語で庭を意味するものから来ています。

養蚕はsericultureと言いますseri-もラテン語系統で絹という言い方から来ています。絹はsilkで、silkworm farmingとも言います。つまり、「絹の虫の農業」とも言いますが、これも使用頻度は低いです。

次に家畜のことをlivestockと言います。従って畜産はlivestock farmingです。

それから酪農は聞いたことがあると思いますが、dairy farmingと言います。

今日のまとめ:
今日は、日本標準産業分類から産業名を英語表現にするシリーズを始めまして、まずは農業について話をしました。

分野: 異文化コミュニケーション |スピーカー: 鈴木右文

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ