QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

QTnetモーニングビジネススクール > タグ一覧 > タグ企業家リーダーシップ

ビジネスを学ぶ面白さ④経営とは矛盾との対峙2

廣瀬 聡 企業家リーダーシップ

19/08/16

前回は「経営とは矛盾との対峙である」というテーマでお話しました。
今日は、そういう矛盾との対峙の中で大事にしてきたよりどころが何だったのか、私自身の体験談をお話しします。

私は重要な決断をする時に3つの基準を持つようにしています。
その1つ目は、「ファクト(事実関係)とロジック(論理)を優先する」ということです。
これはふとした時に聞いた言葉ですが今でもずっと心に残っています。多くの意思決定は、何かファクトとロジック、実際起きていることや実際の数字で説明できることではなく、例えばその時の感情やそうなったらいいなという思い(そうなったら怖いなといった思い)で判断することがあります。
こういう時にファクト(事実関係)と、ロジック(論理)で説明できるかというところに立ち戻って、説明出来た時にはそちらを選択するというような判断軸を置くようにしています。

2つ目の判断の基準は、「公正さと透明性」です。(英語ではTransparencyとFairnessと言います)これは、簡単に言えば、今日ここで行う判断を自分の家族に話せるか、或いは5年後、10年後、自分の子供に「お父さんはこういう判断をしたんだよ」というふうに語れるかどうかということです。実際の経験として、お客さま、或いは大きなステークホルダーから「嘘をつけ!嘘をつかないとお前の会社は大変なことになるぞ」と圧力を受けたことがあります。その時、実際に胃に穴があきかけるほど悩んだわけですが、最後の決め手になったのは、自分はもしこれを家族に話さなければいけなくなった時、あるいは子供にもし話す時に、これを話せるかどうかでした。その時私は常務で、CEO、会長が目の前にいましたが、最後そういう話をしました。結果的にそれで上手くいったのですが、この経験は私にとって非常に大きかったです。

3つ目は「現場の優先」です。多くの本社には優秀な官僚の皆さんがいらっしゃいます。しかし、顧客の声や現場のスタッフの声と本社の官僚の声、最終的にどちらを優先するかというと、顧客と現場のスタッフの声を優先する方が結果的に情報としての純度と精度は高いと思います。

30年間の社会人の経験の中で、私はこの3つがとても大切な判断の軸が揺るがなくなってきました。勿論、これを作っていくためにはどういうふうな経験をしていくのか、どういうふうに自分のキャリアを作っていくのかということを考えないといけません。

実はキャリア選択による基準というものも自分の中では置くようにしています。
これにも3つあります。1つ目は、「大きな組織と小さな組織を選ぶ時には小さな組織を選ぶ」ようにしています。2つ目、「強い組織と弱い組織を選択することが出来る場合は、弱い組織を選択しましょう」と決めています。3つ目、「安定した組織と不安定な組織をキャリアとして選ぶ選択肢があった時には不安定な組織を選ぶ」ようにしています。
これを聴いていらっしゃる方に無理に強要するつもりはありません。ただ、自分の場合はそういった判断をしてそこで様々な経験をして学びたい、学びながら自分の軸を作りたい、経営者としての修行をしたいと思っています。この決断の背後には、仮に小さくて弱くて不安定な組織に行ったとしてもまあなんとかなる、食いっぱぐれるようなことはさすがにはないくらいの努力は今までしてきたというような自分の中での覚悟があったのかもしれません。その覚悟を持って小さな組織、弱い組織、不安定な状況に意識的に自分の身を置くことが、結果的には同じ時間を社会人として過ごしてきた方々との比較において、より多くの学びを得て、そして自分自身の経営判断の軸を生み出すことに繋がったのではないかと今の時点では思っています。

では、今日のまとめです。
人生何年かわかりません。80年ほどと考えた時に、社会人としての時期はその半分の約40年ということになります。40年の中で自分自身が育つことが出来るかが、結果的に人生をふり返るときに大切なのではないかと思っています。経営の世界に身を置く人達の大半がそうだと思いますが、その中でどういうふうにしてリーダーとして周りの人達、お客さまを幸せにするのかが大切だと思っています。そのスキルを得るためには、勿論ビジネスパーソンとして学ぶことが大切で、そのためにはビジネススクールに行くことも大切かもしれませんが、それ以上にビジネスの現場でどれだけの経験をするのかそれが大切なのではないかと思います。皆さん、頑張りましょう。

分野: 企業家リーダーシップ |スピーカー: 廣瀬 聡

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ