QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

QTnetモーニングビジネススクール > タグ一覧 > タグリーダーシップ開発/倫理/価値観

VUCA時代②変化点の大枠1

村尾佳子 リーダーシップ開発、倫理、価値観

19/04/08

前回から「VUCA時代のキャリアの考え方」というシリーズでお話しています。
今日は、「VUCA時代」ではどういう変化が起こっているか、その特徴をいくつかご紹介します。

「VUCA時代」とは、一言でいうと「予測不能な状態」を指し、「変動性」、「不確実性」、「複雑性」、「曖昧性」のアルファベットの頭文字から成ります。世界を見渡すと、トランプ政権の誕生によりアメリカが保護主義に傾斜していたり、イギリスのEU離脱が話題になっていたりと、様々な変化が起きています。こうした変化は間違いなく日本の経済に影響しますが、一体どのような影響を日本にもたらすのか、その影響が非常に曖昧で見えにくくなっています。これも不安定な今の時代の特徴の1つです。

では、そうした状況の中で日本は一体どのような状態にあるのでしょうか。
現在の日本の経済成長は停滞状態にあります。人口が増加するとその分消費者が増えるため、自然と経済は成長していきますが、2015年現在の日本の人口は1億2,700万人と言われており、人口は既に減少傾向に転じています。更に2065年には、人口が約8,700万人になると予測されており、労働力人口は6,600万人から約3,900万人と現在から4割減少すると言われています。今後人口が減少することを考えると、労働力減少の影響はさほどないというという意見もある一方で、まだまだ人手が必要だという意見もあります。
現在日本では高齢化も進んでいることから、労働力減少への対応として「定年の延長や女性の社会進出の促進」や「外国人労働者を受け入れていこう」という流れや、ITを活用して生産性を向上していこうという取り組みが行われています。

人口減少・労働力減少に加えて日本で深刻な問題になっているのが「高齢化問題」です。日本は先進国の中でも圧倒的に早いペースで少子高齢化が進んでおり、日本は課題先進国と言われ、全世界が日本に注目しています。現在の日本の高齢化率(65歳以上を対象)は27%と言われており、今後40%近くに上昇すると考えられています。もちろん、65歳といってもまだ皆さん若く、健康に働ける健康年齢も伸びています。

その一方で、ある程度の年になってくると「介護」が必要になっていきます。そこで、介護負担・医療費の増大による社会制度の崩壊が深刻な問題になってきています。現在の日本の制度は、高度成長期に作られたものがほとんどで、当時は終身雇用や年功序列制度が存在していました。そのため、60歳で定年を迎え、定年後は年金で10年ほど生活するという時代でした。それが平均寿命も70歳から大幅に伸び、今では人生100年と言われています。当時想定していた年数を大幅に上回る平均寿命になり、実現が難しくなってきました。日本の年金制度は自分が積み立てたものが還ってくるわけではなく、若い人が担う形になっているため、若い人が多くいる時代は上手く回りますが、40%が高齢者になると、若者だけではその負担を賄えなくなります。時代の変化に合わせて、年金制度も見直さなければならないわけですが、なかなか年金制度の見直しが行えない現状があります。どうしても票をたくさん持っている人達はお年寄りの方々が多いため、政治の絡みもあり、そんなに簡単には変えることも出来ず、いきなり年金を減らされても、その前提で蓄えてきていないため、生活できなくなってしまいます。これが難しい日本の問題です。国に頼らなくてもやっていけるように、まずは最低限やっておこうというのが唯一、我々ができることではないかと思うところです。それと同時に、年金に頼らないということは、やはり働き続けなければなりません。今までのようにサラリーマンとして与えられたことをやっていたら給料がもらえるとは限らないため、現役世代は専門性をもっていく必要があると思います。昭和時代のある意味、成長期に作られた社会制度でいくと、制度もそうですが、価値観もその時代の価値観があるわけです。そうすると、例えば医療保険にしても、今までは治るまでとことん医療費を出しましょうという形でしたが、これからは延命治療に対してどこで線を引くのかということも議論になってきます。今までの価値観が必ずしも次の時代の正しい価値観ではなくなってくるということを踏まえて、我々も次の時代を担っていくために、見直していかなくてはいけません。

では、今日のまとめです。
「今までの昭和のモデルが崩れている」更に言うならば、価値観からガラリと変わってきてしまっている昨今、皆さんにも必ず何らかの影響が出てきます。いつまでもこの状況は続かないということを意識して、その中で自分は何の準備ができるのか、を考えていくことが大事なのではないかと思います。

分野: リーダーシップ開発/倫理/価値観 |スピーカー: 村尾佳子

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ