QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

タグ

幸福・成功のための哲学⑤

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

18/08/31

 松下幸之助・稲盛和夫の哲学においては、「幸福」や「成功」が中心的なものとなっている。
 前者の幸福の例でいえば、例えば、松下幸之助では、「繁栄による平和と幸福」(Peace and Happiness through Prosperity=PHP)の研究のために、周知のように、「PHP研究所」を設立し、様々な活動を行っている。ここでは、幸福とともに繁栄と平和とが掲げられている。
 他方、稲盛和夫では、京セラの経営理念として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」として、物心両面の幸福を中心的なものとして考えている。

1 心の状態 ①穏やかで心地よい状態
 前記の「現在に集中する」ということに関連して、「どのような心の状態」が幸せで成功した人生を送るための前提となるのであろうか。
 これについては、まず通常の日常生活と同様に、心が「穏やかで心地よい状態」であることが必要である。なぜならば、心がリラックスして、余分な力が入っていない自然体の状態において、自己の本来の能力を十分に発揮することができるからである。例えば、スポーツなどで典型的に見られるように、勝とうとして力むと、最高の成果を発揮できないと同時に、非常に疲れる。普段ならなんでもないことでも、オリンピックや優勝決定戦などにおいて、勝たねばならないというプレッシャーから力んでしまい、勝てないという状況をよく見かける。すなわち、力は入れるものではなく、無心の自然体で、上手く働かせるものなのである。したがって、心の状態というのは、外部の喧騒に影響された異常な緊張、神経過敏、焦り、不安などがなく、自己の内部の安定的で静寂性を保った「平常心」ないし「穏やかで心地よい心」の状態であることが、幸せで、疲れずに、かつベストが尽くせる状態なのである。
 
2 心の状態 ②現在のみに集中
 幸せな人生を送るために必要なもう一つの心の状態が、「心を現在のことにのみ集中すること」である。すなわち、常に精神統一をし、神経が研ぎ澄まされ、心の中に、他の雑念や妄念という囚われがなく、澄み切った状態で、現在自分がしていることに心を向けている状態である。言い換えれば、現在していることすなわち対象物を自分の心の中に受け入れて、対象物と一体化し、三昧の境地となることである。その対象は、仕事でも、勉強でも、音楽でも、遊びでもなんでもよい。ちょうど虫眼鏡で、太陽光を集めて、焦点が合って、火がつくのと同じ状態にすることである。

理想的な心の状態
happiness5.png

 すなわち、過去の後悔、未来への不安あるいは何かを欲しがることという特定の感情へのこだわり(執着)を止めると、心が自由になり、澄み切る。そして、次々と生じてくる雑念についても、それをあるがまま受け流すことができ、この瞬間に集中して生きることができる。このように、「①心がリラックスした穏やかな平常心の状態で、かつ②心に何の雑念という囚われもなく、澄み切った状態で、現在していることのみに集中し、この瞬間を味わいながら三昧の境地で物事に当たること」が、ストレスや疲れもなく、最も幸せで理想的な心の状態である。
 
3 理想的な生き方
 それでは、そのような心の状態の下で、「どのような人生の生き方が一度しかない人生において理想的なもの」であろうか。
 それは、一般にいわれるような「太く短く」か「細く長く」か、というような思考停止的な二元論的な発想ではなく、もっと総合的で現実的な、「人生を太く、長く、広く、深くかつ幸せに生きる」というものであろう。すなわち、できるだけ健康で、仕事やレジャーなどもバリバリこなし、長生きをし、いろいろな人々と楽しく交流し、また様々な経験をし、自己を高めると共に、人生にワクワクし、感動を深く味わい、そして「人生っていいな~!」というような彩のある豊かで幸せな人生を送りたいものである。

4 むすび
 幸福のための哲学においては、幸福に生きるために、①心が「穏やかで心地よい状態」で、②心を現在のことにのみ集中すること、及び③総合的で現実的な、「人生を太く、長く、広く、深くかつ幸せに生きる」ことが大切である。

分野: コーポレートガバナンス 財務会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ