QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

鈴木右文准教授一覧

QTnetモーニングビジネススクール > 鈴木右文准教授一覧

英語の母音:イ・ウに近い音 (異文化コミュニケーション/鈴木)

08/02/13

今回から、
英語の母音についてのお話に入ります。
日本語では、母音は「あいうえお」
の5つの区別です。
英語の場合、学者によって数え方が異なり、
10個から15個の間で様々な説があります。
これから1つずつ説明しますが、
わかりやすいように日本語の
「あいうえお」の5つの母音に対応させて、
これらと類似した英語の母音を
まとめていきます。
今回は、「イ」に近い音と「ウ」に近い音を
紹介します。


■母音の区別
「イ」の系列の音は、
日本語でも同様ですが、
口の前の方で発音します。
「イー」と発音すると、
口先で音が出ているように感じます。
「ウ」の音は、「ウー」と発音すると、
口の奥の方で音が出ているように感じます。
このように母音は、発音位置が
口の前方、中の方、後方の
どの部分にあるかによって区別されます。
また、それに加えて、発音の際の
舌の位置の高さでも区別されます。
「イ」の音も「ウ」の音も、
舌がとても高い位置に上がります。
「エー」や「アー」の音を出す場合は、
舌が下の位置に下がっています。


■「イ」に似た音 前母音
「イ」に似た英語の2つの音を紹介します。
1つは、発音記号で小文字のiに
長音記号を付けて表す音です。
そしてもう1つは、形は大文字ですが
サイズは小さいという小大文字で
表されるIの音です。
どちらの音も、日本語のカタカナでは
「イ」と表記されます。


単語の例でいえば、長さの単位のfeetと
ホンダの車の名称になっているfitです。
2つの単語は、いずれもカタカナで書くと
「フィート」と「フィット」で「イ」の表記です。
しかし、英語では非常に異なる発音です。
feetは「フィートゥ」、fitは「フェット」と発音します。


この発音の違いは、
舌の位置の高さによるものです。
おおまかにいえば、
「feet(フィートゥ)」を発音する時は、
日本語の「イ」よりも
少し舌の位置を高く上げます。
また、「fit(フェット)」を発音する時は、
日本語の「イ」よりも
舌を低い位置に下げます。
こうした発音の細かい区別を、
私たちは苦手としています。
しかし、実際には区別され、
異なる音が発音されているのです。


うまく発音するためには、
「feet(フィートゥ)」については、
舌の周りと口の周りが緊張している
状態を意識します。
この緊張を少し緩めた状態で、
ため息をつくように発音すると、
「fit(フェット)」の音になります。


■「ウ」に似た音 後母音
次に、「ウ」に似た音についてです。
この場合も同様に、日本語の「ウ」よりも、
舌を少し高く上げて緊張させて出す音と、
舌を少し下げて緊張を緩めて出す音の
2つがあります。


例えば、緊張した状態で出す音は、
発音記号で小文字のuに
長音記号を付けて表す「ウゥー」です。
これは、「boot(ブゥートゥッ)」という
単語を発音する時の音です。
複数形で語尾にsをつけると、
足に履くboots(ブーツ)になります。


緊張を緩めて出す音は、
平仮名の「はひふへほ」の
「ひ」に似た記号、
あるいは抵抗のオーム(Ω)を
逆にしたような発音記号で表されます。
これは、本の意味の
bookを発音する時の音です。
日本語では「ブック」ですが、
英語では「ブォック」と発音します。


日本語の「ウー」という
音を出すときに比べて、
「ウォ」の音は舌が少し下がっている
感覚がわかると思います。
「ウ」の口で「オ」と
音を出しているような形です。
ところが、完全に「オ」と
発音しているわけではありません。
「book(ブォック)」を複数形にすると
「books(ブォックス)」ですが、
これを完全に「オ」と発音すると、
箱の意味の「box(ボックス)」の
発音になってしまいます。
ただし、この場合の音は、
イギリスの音です。
「books(ブォックス)」と「box(ボックス)」は、
非常に微妙な違いのため、
リスニングで間違うことの多い発音です。

分野: 鈴木右文准教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ