QTnet モーニングビジネススクール

QTnet
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QTnet モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録

高田仁准教授一覧

産学技術移転を担う人材(産学連携マネジメント/高田)

07/08/21

前回まで、『技術移転の父』と呼ばれる
スタンフォード大学OTLのニルス・ライマースと
彼が手がけた技術移転事例を紹介しました。


■技術移転を担う人材に求められるもの
産学の技術移転を担う人材には、
一体どんなスキルが求められるのでしょうか?
最先端のハイテク技術に詳しくて、
最新のビジネスにも詳しくて、
特許にも詳しくて、法律にも詳しくて、
フットワークも良くて、コミュニケーション力が高くて、
・・・・というスーパーマンがそうそういるはずがありません。

■技術移転を担う人材の特徴とお見合いのおばちゃんの特徴
産学技術移転の支援ビジネスを行なっている
リクルートのテクノロジ・マネジメント・ディビジョンという部署によると、
産学技術移転を担う人材の特徴は、
“お見合いのおばちゃん”の特徴と同じだといいます。


この特徴は全部で7つあります。


■フットワークが軽いこと
1番目は、フットワークが軽いことです。
お見合いのおばちゃんは、
いろんなところに顔を出します。
そして、良い話を聞いたらすぐに
誰かに紹介しようとします。
このフットワークの軽さは重要です。
産学技術移転でも、
何かあったら情報を抱え込んだままにせず、
すぐに誰かにコンタクトをとって、
直接会いに行ったりします。
人に会うことによって
研究者が何を考えて研究を始めたのか、とか、
企業がどんな仮説を持って新しいビジネスを進めようとしているか、
といった情報まで踏み込んで聞くことが出来、
そうやって溜まった情報は貴重な財産になります。


■人の良い面を伝えられる
2番目には、人の良い面を伝えられるということです。
お見合いのおばちゃんは、
例えば顔はいまいちでも、
性格が飛び抜けて良ければ、
その性格の良さを強調して人に勧めます。
技術も同じで、
最初から完全な技術などあり得ないので、
その技術を実用化することで
企業のビジネス上のメリットがどれほどあるかとか、
社会的にどれほど意義があるかといったことを
しっかりと相手に伝えて、ある意味で、
相手に“夢”をしっかりと意識させることが必要です。
そのうえで、その夢を実現させるために
何をしなければならないかを考えてもらいます。


■双方から嫌われないキャラクター
3番目に必要なのは、
双方(見合い相手を探す側と紹介を受ける側)から
嫌われないキャラクターです。
産学の技術移転は、
大学の研究者と企業の事業開発担当者の
両方の相手をうまく繋ぐ必要があり、
どちらかから嫌われるとそもそも技術移転は成功しません。


■適度におせっかいであること
4番目は、適度にお節介なことです。
“待ちの姿勢”の
お見合いのおばちゃんなんて存在しません。
相手に嫌われない程度に気を遣う中から、
新しい“ご縁”に結びついたりします。
日頃から何かと接点を持ってお節介を焼く中で、
相手のニーズ(好み)が徐々にわかるようになります。


■情報収集能力
5番目は、情報収集能力です。
いち早く最新情報にアクセスすることで、
自分の活動基盤を強化することが出来ることは、
お見合いでも産学の技術移転でも同じです。


■頼りになる専門知識
6番目は、頼りになる専門知識です。
結婚式場のことだったり、結納のことだったり、
結婚には何かと専門知識が必要だが、
頼りになる専門知識を持つことで
周囲がより多くのお見合いの依頼を
持ちかけてくれるようになります。
産学の技術移転でも、
特許のことだったり、
契約法務のこと、技術のことだったりと、
頼りになる専門知識を持つだけで
信頼感がぐっと変わって、
何かと相談事が持ち込まれるようになります。


■その仕事が好きなこと
最後に、何よりもその仕事が好きなことです。
お見合いのおばちゃんは、
生活のためにやっているのではなく、
好きでやっているだけです。
好きだからこそ、いろいろ情報を集めたり、
動き回ったりと、笑顔で人のお世話が出来ます。
産学の技術移転も、嫌々ながらやっていると
相手にそれが伝わって、良い仕事は出来ないし、
新しい相談事が持ち込まれることもありません。
何よりも、この仕事が好きだということから全ては始まります。

私の経験上、このリクルートの方々が言っている7つの特徴は
産学技術移転に携わる人材の特徴を
よく表現していると思います。
“お見合いのおばちゃん“的キャラクターを持つ人に、
もっとこの世界に飛び込んできてもらいたいものです。

分野: 高田仁准教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ